プロフィール

ホワイティ橋本

橋本 隆
印鑑通販サイトの構築&運営をしています。写真撮影からプログラミングまで、全部自前! 自称、日本一幸せなハンコ屋です♪

プロフィール 8/7更新!
 

シャチハタ、印鑑、表札の通販サイト【シャチハタの一心堂印房】

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事一覧

全ての記事一覧を表示する

カテゴリ別に読む

最近の記事

過去の記事

ブログ内検索

最近のコメント

RSSフィード

ホワイティ♪ブログ

印鑑通販サイトの増改築日記 『心をこめて』
シャチハタ・印鑑・表札通販サイトのウェブマスター日記。マーケティングからプログラミングまで、ウェブサイト運営が大好きです。
スポンサーサイト

【--/--/-- --:--】 | カテゴリ: スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページを求人広告と連動させる方法

【2008/03/03 11:51】 | カテゴリ: ネットショップの作り方 |

今朝、友人から電話でこんな相談を受けました。


「今度、求人広告(チラシ)を出すんだ。
 ホームページと連動させてみようと思ってるんだけど、どう思う?

 以前、チラシで求人広告を出したときは、20名程度の応募があったので
 ホームページを活用する必要性はあまりないかな?」



そこで、少し考えて、

こんな風に答えました。


 チラシのスペースって、4~5センチ四方だよね。
 本当に限られた情報しか載せられないよね。

 ホームページをこんな風に使ったらどうかな。

 チラシには、最小限の情報を載せて、
 詳しくはコチラ→「○○○堂」[検索]

 そして、ホームページには、
 社員みんなで撮った写真を載せるの。

 出来れば、笑顔のヤツ。 
 顔が見えると、安心感があるよね。
 
 そして、職場の写真も載せる。
 だいたい、どんなところで働くのか、イメージできるように。

 そして、実際にどんな仕事をするのか、
 ある1日の例をカンタンに説明してあげる。

 ・朝、出勤したら、まず元気に挨拶!
 ・掃除をします!
 ・熱い朝礼をします!(その会社は、見学者が来るほどの凄い朝礼をしてます)
  …
  …

 という感じで、ざっくりと説明してあげると、
 応募する人も、自分に合っているのか、合っていないのかを
 判断する材料になるような気がするな。


 そして、一番重要なのは、

 その会社が、

 「何のために存在しているのか」とか、
 「どうなりたいのか」とか、

 「熱い思い」を伝えると、いいんじゃないかなー。


 自分がどんな仕事をしていて、
 どんな人がお客様で、
 お客様にどうなって欲しいか?

 どんなきかっけで仕事をはじめたのか、もいいよね。


 ここは、長くなってもよくて、
 会社の価値を伝えるエピソード(喜ばれたことなど)なんかも、
 書くといいよねー。


 それに共感してくれた人が応募してくれたら、最高だよね♪



なんて、話をしました。


もしかしたら、応募する人数が減ってしまう可能性もありますが、

「給料は希望額ではありませんでしたが、
 熱い思いにひかれました!」

あなたと一緒に働きたいという、嬉しい出会いもあるかも知れません。


なんて、ストーリーを描きましたが、


うまくいかなかったらゴメンね、スズリュウ(笑)


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング


スポンサーサイト
幸一君を助ける会

【2008/03/04 20:33】 | カテゴリ: 日記 |

僕が尊敬するマーケッターの藤村正宏さん(通称スコット)の
メルマガに書いてあったことを転記させていただきます。



 ボクの友人に、脇園さんって方がいます。


 彼のお子さんの同級生が難病なんです。




 急に難病にかかり、臓器移植しか道がありません。

 ご存じのとおり、日本では15歳以下の臓器移植はできない。

 でも、アメリカだったら受け入れてくれます。
 9千万円のお金が必要だそうです。

 協力してあげられる人は、ぜひ協力してあげてください。
 350円です。


 

 もちろん、ボクもしています。



 詳しくは下記のHPを見てもらえれば
 詳細をご理解いただけると思います。



 電話をかけてくれるだけでいいのです。

  (電話で350円の寄付ができます)


 http://www.fight-kouichi.com/

 0990-50-5151
 (※携帯電話やIP電話からはつながりません)


 に電話をして2分間メッセージを聞くだけで
 
 350円の寄付ができます。



 現在9000万円に対しまだ
 2000万ちょっとしか集まっていないそうです。


 どうかよろしくお願いいたします。


 救える命だったら
 どうしても救ってあげたい。


 そう思うのは誰でも同じです。


 ボクも娘が障害をもっているので
 よくわかります。



 協力できる人はしてあげてください。

 お願いします。


 0990-50-5151
 (※携帯電話やIP電話からはつながりません)



僕も子を持つ親として
何か協力できないだろうかと、

今日のブログに書かせていただきました。


今日は応援のポチッではなく、

  援助の電話をお願いします。




3月26日(水)に目標達成して募金活動が終了したようです。

良かった・・・。


「いい話ポップ」で幸せ2倍!

【2008/03/06 01:31】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

今日は(日付が変わってしまったので、もう昨日ですね)

一心堂印房の各店舗(8店舗あります)から
スタッフが一人ずつ集まって、勉強会が行われました。


毎月1回行っているのですが、
よりよいお店作りや販売方法を研究する勉強会です。


コンサルタントの先生に入って頂いて、
お店作りについて学びます。


お店に出ることが無い僕が、
なぜその勉強会に出席しているかというと、

先生と店頭スタッフのあいだに入って、
先生のコトバをより自分たちの仕事に落とし込んだ表現に変える
「通訳」のような役割をするためです。


勉強会で学んだことは、
各店舗に持ち帰って、
形にします。


そして、
うまくいったことや、
喜ばれたことを、
次回の勉強会で報告して、
横展開するわけです。


今回は、
ポップの重要性についての話も出たのですが、
何を書いていいのか分からない様子でしたので、

僕から、こんなお願いをしてみました。


「印鑑の注文を頂いた際に、
 お客様との会話の中で、
 いい話だなー
 と感じたことを報告してください。

 お客様に喜ばれた話でなくてもいいので、
 いい話だなーと感じたことを報告してください。

 例えば、親から子へ印鑑を贈ることが
 よくあると思いますが、
 その思いが伝わるエピソードとか、
 コトバとか、
 ささいなことでもいいので、
 報告してみてください。」



商品の「強み」とか「メリット」などを
ポップに書こうとすると、
印鑑の場合、とっても書きにくいんです。


印鑑を購入するということは、
そのお客様本人、あるいはその方の大切な人が
人生の節目を迎えられている可能性が高いと思われます。


ポップに、
「いい話だなー」
と感じる一場面を書くことにより、

自分が、大切な子供や、大切な人に、
印鑑を贈る場面を想像してもらうんです。



ちいさな、

でも、心が少し温かくなるストーリーの最後に、


「印鑑は一生使ってもらえる品です」

「押す度に、あなたの顔が浮かびます」

と加えることで、


『印鑑を贈るというコト』が


価値に変わるかもしれません。



さらに、

店頭のスタッフにとって、
自分たちがそんな素敵な瞬間のお手伝いをしている
ということに気付けるわけで、

お客様にハッピーになっていただくのと同時に、

働く自分たちもハッピーになれてしまう、

なかなか面白いポップ作りの方法かも知れないなー


なんてことを思いました。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング


新幹線ガール

【2008/03/09 22:47】 | カテゴリ: おすすめの本 |

ちょくちょく本を買うのですが、

つい、読むスピード以上に購入してしまうので
未読の本が積み上がってしまいます。

一旦、積みあがってしまうと

1冊を手にとるのが、億劫になってしまう橋本です(笑)


そんな中から、今日は
↓これを読みました。




本の帯から引用しますと、


22歳、職場のトップに!!!

アルバイト採用なのに
ワゴン販売で抜群の
成績を上げ、またたくまに
正社員になった彼女が語る
「職場としての新幹線」
「東海道新幹線の楽しみ」。
初めて明かされる
「新幹線パーサーという仕事!」




彼女の主な仕事は、

新幹線の売り子。


一見、工夫の余地の無い仕事だと
思われる人もいるかも知れません。


この本の著者である徳渕さんは、
アルバイトで入社したにも関わらず、
正社員300人のなかで売上No.1になったという方です。


なんと、普通の社員の平均売上高の
3倍の数字を売り上げているそうです。


この本は、売るためのテクニックが満載というビジネス本ではなく、

新幹線パーサーたちの、厳しい訓練ぶりと哀歓、
日々の仕事のやりがいを綴ったものですが、

「幸せに仕事をするための本質」が書かれているように思いました。



新幹線が好き、
人に喜んでもらうのは、もっと好き。




まず、お客様に喜んでもらいたいという気持ち。

でも、自己満足でしかないサービスでは、
売上はついてこないようです。



そして、僕が一番共感した部分が
お客様の立場に立って想像力を働かせることの大切さ。


例えば、入室したときに小銭の音が聞こえたら、
音のするほうを探して、アイコンタクトをして笑顔を返すそうです。

お客様から声をかけていただくのを待つのではなく、
「あ、用があるってわかってくれたんだな」と
落ち着いて待っていただくためだそうです。


小さな子供を連れた母親が、
「玄米茶か麦茶はありますか?緑茶だけはだめなんです。」

あいにくワゴンには緑茶しかなかったそうです。

「申し訳ございません。あいにく緑茶のみでございます」
と答えるのではなく、

「ミネラルウォーターならご用意してあります。
 あいにくこのワゴンでは切らしておりますが、
 別のワゴンから探してお持ちすることも出来ますが」


このお茶はお子様がお飲みになるのかも知れない。
カフェインの入っていない、玄米茶か麦茶が必要なのでは。
小さな子供が、新幹線が目的地に着く数時間の間、
何も飲むことが出来ないかもしれない、
というところまで想像力を働かせなくては。


「お客様の立場に立つとは、こういうささいなことではないかと思います。」


思い切り共感しました。


さすがです。



とても爽やかな気持ちになる本でした。



それにしても、いいネーミングだなぁ。

 新幹線ガール


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

天使の印鑑

【2008/03/11 01:35】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

一心堂のホームページの印鑑コーナーには、

天使の印鑑 ←Click!

という商品がございます。


象牙の印鑑に、18金の天使の羽を付けた印鑑です。


写真を見ていただくと分かるのですが、
可愛いけれども品のある印鑑です。


店頭では、赤ちゃんが生まれたときのお祝いとして、
両親や祖父母の方がお求めになることが多いようです。



ホームページでは、おじいちゃん、おばあちゃんが
お孫さんにプレゼントすることを想定して製作してみました。


果たして、おじいちゃん、おばあちゃんが、
インターネット通販を利用するのか、

というツッコミには、とりあえず耳をかさずに(笑)、
進めさせていただきます。



ここでも例によって、

誰に、
何を伝えて、
どうしてもらいたいか、

を軸に考えます。


誰に、何をどう伝えたら、ハッピーになっていただけるか。


まず、「誰に」はおじいちゃん、おばあちゃんです。
多少値の張る商品ですので、初孫という設定にしてみました。


最後の「どうしてもらいたいか」は、「注文をしていただきたい」です。


肝心の、「何を伝えて」は、最初はこんな風に考えました。

お孫さんに喜んでもらいたいわけですから、
お孫さんが喜ぶ場面をイメージできるコピーを考えました。


「おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう!」

「印鑑を見るたびに、おじいちゃん、おばあちゃんのことを思い出します!」


まあ、なんともベタですが(笑)



でも、

よーく考えてみたら、

これじゃ、ダメなことに気付いたんです。



よりリアルに具体的に想像してみたんです。


「おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう!」

生まれたばかりの赤ちゃんはしゃべりませんので、いまいちピンと来ない。
かと言って、数年後にもそんなセリフを言われるとは思えない。


「印鑑を見るたびに、おじいちゃん、おばあちゃんのことを思い出します!」

これは、数十年後のことになりそうです。
というか、すでに亡くなっている感も・・・。


今、幸せになれないんですよね。



それに、

(ここが重要なんですが)

初孫が生まれて、おじいちゃん、おばあちゃんになるのは、
50~60代の方が多いのではないでしょうか?


身近な、50代、60代の方を想像していただくと分かるのですが、

おじいちゃん、おばあちゃんと呼ぶにはしっくりこない程お若いんです。

(お若いので、ネット通販で買い物をされる方もきっとたくさんいらしゃる♪)


「おじいちゃん、おばあちゃん」

と呼びかけられても、まさか自分が呼ばれているとは
感じないのではないでしょうか?


呼びかけている対象者が、自分のことだと感じられないとしたら、
それは誰にも反応してもらえないコピーになってしまいます。


というわけで、
再度、最初から考え直すことにしました。


「お孫さんに印鑑を贈ることの価値」


これについて、一生懸命に考えてみました。



そしたら、気付いたんです。


印鑑は、ずーっと使ってもらえる品だということに



印鑑は、お孫さんにずっと使ってもらえる品なのです。



これは、おじいちゃん、おばあちゃんにとって、
嬉しいことでなないでしょうか。



そして、

両親が20年後の子供に向けてメッセージを綴る
レターセットも付けることにしました。


「20年後の感動」もついたプレゼントに仕立ててみました。


天使の印鑑


このページは、

どうしたら、家族みんながハッピーになるかな、

と考えて作ったページです。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

シャチハタの高級ネーム印Vivo(ヴィーボ)の価値

【2008/03/13 23:14】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

年度末ということで、

というよりも、

新年度を控えて、
だんだんと忙しさが加速してまいりました。

感謝、感謝でございます <(_ _)>



さて今日は、

この時期、とっても売れているネーム印について
思うことをつらつらと綴ってみたいと思います。


シャチハタのネーム印といえば、
全国の印章店や文具店で販売されている
ネーム9が有名ですが、

その高級バージョンという位置付けの

ネーム9Vivo(ヴィーボ)

という商品があります。


なんと、金属製のネーム印です。


ズシリとした感触が、文具を超えた「何か」を感じさせてくれます(笑)

(僕は「超合金」世代♪)



このネーム印、何がスゴイかと言うと、

表面の仕上げのクオリティが異常に高いんです。


もう一度言います。


異常です(笑)



ボディの色は6色あるのですが、
ツヤ出し仕上げのものと、結晶仕上げのタイプがあります。


ツヤツヤのタイプを見れば、

「なぜネーム印に、そんなに深いツヤが必要なんだ!」

と、ツッコミたくなり、


結晶仕上げのタイプを見れば、

「なぜネーム印に、そんなに高級な輝きが必要なんだ!」

と、思わずにいられません。



でも、

全国には、

「こんなの大好き!!o(≧∇≦)o 」

という人達(僕も含めて)が沢山いるわけです。



だから、

そういう人達に、しっかりと伝えなくてはいけないんです。


この商品の価値を。

この過剰ともいえる、仕上げっぷりを。




でも、

メーカーから配布されるリーフレットや
カタログ、ウェブサイトを見ると、

なぜが全部つや消しに加工された写真になっているのです。

Vivo

→ メーカーのサイト


全然伝わらない・・・

倒れそうになりました。

買って欲しくないのでしょうか・・・



仕方がないので、僕は写真を全部自分で撮ることにしました。

少しでも、価値を伝えたいと思って。


Vivoの写真

→ 一心堂のネーム9Vivo(ヴィーボ)のページ - Click!
※ページ中央の「写真を見てうっとりする」を見てね♪



僕の仕事は、
商品の意味や価値をお客様に伝えて、
お客様に購入いただいて、ハッピーになっていただくこと。



「商品を売る」という作業は、
「商品とお客様の間に道を作る作業」と
同意なのかもしれないなーと思ったりします。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

タブを付けてみました

【2008/03/18 01:11】 | カテゴリ: HP増改築リポート |

ハンコ屋にとって3月は、一年のうちで最も忙しい月です。

お陰さまで、たくさんのご注文を頂いており
毎日忙しく働かせて頂いております。


スタッフの頑張りによって、遅れも無く順調に発送できています。
本当にありがたいことです。


そんな中、少しだけホームページを改良してみました。


↓これが、改良前。
シャチハタ(改良前)



そして、

↓これが、改良後
シャチハタ(改良後)



タブを付けて、分類を分かりやすく(クリックしやすく)したのと、
検索機能があることを目立たせてみました。


この位置にタブを置くのは
デザイン的にどうかと思いますが(笑)、

前よりも、多少分かりやすくなったのでは。


ちなみにこの検索機能、かなりの自信作です。

シャチハタスタンプには、いろんな大きさのものがあるのですが、
最も適したサイズの商品を提案してくれるツールです。

自分でプログラムを書いたのですが、
想像以上にうまく出来たと、自画自賛のシステムです(笑)

シャチハタ角型印のページ - click!


冒頭にも書きましたが、
どんどん忙しくなってきました。

さすがに、ブログの更新もスローペースになりそうです・・・


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

キーワードアドバイスツールに代わるツール

【2008/03/23 12:13】 | カテゴリ: ネットショップの作り方 |

ホームページを作る際に、
「検索キーワード」を大切に考えています。


以前のエントリーで、

「商品を売る」という作業は、
「商品とお客様の間に道を作る作業」

と書きましたが、

「検索キーワード」は
その「道」の起点にあたるものと言えます。


その「起点」は、
商品を提供する側が思いもよらないところにあることがあります。


例えば、
一心堂のホームページの場合ですと、
こんな感じです。


落款印・蔵書印をシャチハタで作る


このページでは、落款印(らっかんいん)、蔵書印という趣味の印鑑を
シャチハタで作成することを提案しているのですが、

一般的に考えますと、このページの検索キーワードは

「落款印」「蔵書印」

になると思います。
もちろん、これは間違いではなく正解だと思います。


しかしながら、こんなキーワードも結構有効だったりします。


「篆書体」(てんしょたい)


「篆書体」とは、今から2000年程前に使用されていた文字で、
蔵書印や落款印も、この篆書体で作ります。


「篆書体」に興味を持つ人は
「篆書体で作った蔵書印や落款印」にも興味があるに違いない

と考えられるわけです。


実際に、一心堂のホームページは、
「篆書体」というキーワードで検索すると、
Yahoo! と Google で一位に表示されるのですが、

そのページで、蔵書印や落款印をご案内すると
多くの方に興味を持っていただけるようで、
かなりの数のご注文につながっています♪(感謝)


ホームページを作る際には、
蔵書印や落款印を購入頂ける方は、
どんなことに興味を持っているのだろうかと
考えれば良いわけですが、

これがなかなか難しかったりします。


想像力を働かせて考えることが一番ですが、
時々、こんなサイトを参考にして考えたりもしています。

みんなで作る検索エンジン「Ferret」β版

※会員登録した方が、より詳しい情報が得られます。

検索ワードを入力すると、同義語や関連する検索ワードをピックアップしてくれます。

「落款印」で検索すると、「落款 印 書体」というワードが見つかります。
おそらく、落款印の書体について知りたいというニーズであろうと想像できますが、

そこから想像力を働かせることにより、
「篆書体に興味がある人」という「道」も見えて来るわけです。


そうそう、
Amazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」も
そういう目で見ると、すごく勉強になり面白いですよね。


あとは、ひたすら「道をつなぐ作業」を行います。

ご注文という「終点」まで、
1箇所でも道が切れていたり、
案内が悪く迷子になって、他のゴール(他店)に行ってしまわない様
スムーズで快適で、安心して進める道作りに励むわけです。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

検索ワードから想像すべきこと

【2008/03/25 21:07】 | カテゴリ: ネットショップの作り方 |

昨日は、検索ワードからニーズを想像する話について書きましたが、
そのときに、気を付けるべきポイントがあります。

今日はそれについてお話したいと思います。


Yahoo! や Google で検索をする場合、
大きく分けて、2つの目的に分けることが出来ると思います。


これは、とっても重要なポイントだと思うのですが、

ひとつは、
「情報を収集する目的」


そして、もうひとつは
「商品(サービス)を購入する目的」です。



これをきちんと意識することが
とても大切だと思います。


具体的な例を挙げれば、こういうことです。

「シャチハタ」というワードで検索する人は、
どんな目的を持って検索しているのだろうか?



シャチハタについて詳しい情報を得たいのか、

あるいは、購入するお店を探しているのか。


シャチハタについて詳しい情報を得たいというマニアも
中にはいらっしゃるかも知れませんが(笑)、

多くの場合は、購入するお店を探していたり、
およその価格を知りたいと考えているのではないでしょうか?


つまり、「シャチハタ」というワードで検索する人の多くは、
購入に関することを目的として、検索をしていると想像できます。


シャチハタを購入したいと考えている人が、
「シャチハタ」というワードで検索して、
販売しているサイトを見つけて注文する。

お互いにとって、スムーズで幸せな関係ですよね。


購入して欲しいのならば、
そういうキーワードを意識してサイト作りをする必要があるということです。


逆に、「情報を収集する目的」と思われるキーワードでサイトを作ってしまった場合、
おそらく反応はあまり期待できないと思います。

「知りたい」と思ってるところに、売り込みのページが表示されたらイヤですもんね。
速攻でページを閉じてしまいますよね。


例えば、ゴルフについて想像してみますと、

・ゴルフが上達する方法を知りたい人
・ゴルフのルールを知りたい人
・ゴルフ用品を購入したい人
・etc.

いろいろな人がいると思いますが、
それぞれ検索する際の「キーワード」は違うと思われます。

購入したいと思っている人(あるいは潜在的にそういうニーズを持っている人)は、
一体どんなキーワードで検索しているのだろうか?
どんなキーワードを組み合わせて検索しているのだろうか?


昨日に紹介した、みんなで作る検索エンジン「Ferret」β版等も活用しつつ、

「このキーワードは、商品を購入したいと思って検索しているのかな?」

と想像することが大切なんだろうなーと思っています。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

ミスマッチは帰り道

【2008/03/27 22:30】 | カテゴリ: ネットショップの作り方 |

前回のエントリーでは、

「このキーワードは、商品を購入したいと思って検索しているのかな?」

ということを意識することが大切だ、というお話でしたが、
今日もその続きです。


良い検索ワードを見つけて、
ホームページをキッチリ作り、
実際に検索されて、
たくさんのアクセスを得られるようになったとします。

(↑カンタンに書いてますが、実際にはとっても難しいことです)


でも、

思ったほど、成約にはつながらない。


ホームページの内容も悪くないのに、
なぜか売れない。


そんなことが、よくあると思います。


このような場合、
ホームページのアクセス解析をしてみると、

アクセスはされるものの、
かなりの割合で直帰されてしまっていることが多いようです。

直帰というのは、1ページ見ただけで、
ブラウザを閉じられてしまうか、
「戻る」ボタンで前のページに帰ってしまうことを言います。


ホームページの内容は悪くないのになぜ?


と思ってしまうのですが、

実はそれは訪問者の期待にマッチしていないのかも知れません。


訪問した人が、

自分が期待する情報が書かれていない
あるいは、見つけられない

そう感じた瞬間、
さっさと他の分かりやすいサイトを探しに行ってしまいます。


情報の質ももちろん大事ですが、
訪問者の期待や興味を想像して、それにマッチするページを用意しなければ、
そのページの内容を伝えることは出来ないということです。


どんなに価値のある商品やサービスがあっても
伝えることが出来なければ、存在しないのと同じです。


ミスマッチがあってはならないのです。


「あ、違う」

そう思われた瞬間に「道」は途切れます。


「道」をつなぐ作業は、まだまだ続きます。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

検索エンジンからの道づくり

【2008/03/28 20:50】 | カテゴリ: ネットショップの作り方 |

またまた前回の続きです。

「検索ユーザーの目的」と「ホームページの内容」が一致していない場合、
内容を確認する前に、閉じられてしまいます。


特に「キーワード広告」を利用する場合には、
このことをキチンと意識しておかないと
大変なことになります。

「キーワード広告」とは、
Yahoo! や Google の検索結果の上部や右サイドに表示される広告です。


キーワード広告は、クリックされるたびに
料金が発生します。

クリックされた分だけ広告料を払います。


そのクリックが成約につながる、つながらないに関わらず、
料金が発生します。


より多くのクリックを集めようと、
思わずクリックしてしまう魅力的なコピーを考えて広告を出したとします。


クリックしたときに表示されたページが、
そのコピーのイメージと一致しない場合、

「あれ?違う?」

そこで道が途切れてしまいます。


広告費がムダになってしまいます。


「広告のコピー」と「ホームページの内容」を一致させることは、
実はとても大切なことなんです。


同様に考えれば、
各ページのタイトルも、とても重要だということに気付きます。


検索エンジンで検索すると、
ページのタイトルと要約文が表示されます。

ということは、
各ページのタイトルは、広告のコピーと同じく
とても重要であることがわかります。


クリックされるか、されないかは、
タイトルの良し悪しにかかってくるからです。


そして、広告と同様に、
タイトルとページの内容が一致していることも
重要だということに気付くわけです。


 「検索ワード」
   ↓
 「広告コピー」
   ↓
 「コンテンツ」

あるいは、

 「検索ワード」
   ↓
 「タイトル」
   ↓
 「コンテンツ」


各ステップでイメージがピタリと一致していないと、
内容を読んでもらうことが出来ないかも知れない。

そうなると、どんなに良いことが書いてあっても、
どんなに素晴らしい商品があっても、
「伝えられないページ」になってしまいます。


この「道」は、お客様が歩く道なのですから、

スムーズに道がつながっているか、
迷うことなく分かりやすい道になっているか、

きちんとチェックして整備することは、

地味ながらも非常に大切な作業だと考えています。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

タイトルは営業マン

【2008/03/31 12:30】 | カテゴリ: HP増改築リポート |

このブログは、
自分のための備忘録(つい忘備録と間違えてしまう)として、
あるいは初心を忘れないために、
さらには、「役に立つよ!」と言ってくれるあなたのために、
これまでに気付いたことを書き留めているのですが、

残念ながら、僕自身、全部が出来ているわけではありません(涙)


そんなわけで、

自分で書いたことを時々読み返しつつ、
自分のサイトをチェックする作業が欠かせません。。。


今日は、前回のエントリーで書いた

「ページのタイトルは、広告のコピーと同じくとても重要」

に関連する改善を施しました。



検索エンジンは、常に改良が続けられていて、
昨日と今日では異なる検索結果になることは珍しいことではありません。

そのため、日々、重要な「検索ワード」で検索して、
どんな結果が表示されているかを確認する作業をしています。


上位に表示されたページが、
検索ワードから推測される、ユーザーの目的に合ったタイトルになっているかを
しっかりチェックします。


上位に表示されたからといって、
それだけで喜んでいたら、非常にもったいないことになってしまいます。


今日はあるキーワード(内緒)で検索したら、
当社の商品のページが上位に表示されるようになっていました。


でも、タイトルは、「商品名」と当社の「会社名」のみという
あまり魅力的なものではありませんでした。
(ページを作ることで精一杯で、タイトルにまで気が回っていなかったようです・・・)

さらに、一緒に表示される要約文もイマイチでした。


そこで、以下のような改良を加えてみました。

・タイトルに当社の「売り」をひとこと加えた。
・「通販」をしていることが分かるようにした。
・要約文をコントロールするために、Metaタグのdescriptionをユーザーの目的に添うものに書き換えた。

サクッと 67ページ程、書き換えました(笑)


この変更によって、検索の順位が落ちてしまう可能性もありますが、
クリックされない上位表示では意味がありませんので、
構わずドンドン改良することにしています。


ユーザーの支持を得られれば、きっと順位も上がってくるだろう、

それこそが検索エンジンが目指す方向であろう、


という考えの元、
常にユーザーの方を向いて改良を施すことにしています。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。