プロフィール

ホワイティ橋本

橋本 隆
印鑑通販サイトの構築&運営をしています。写真撮影からプログラミングまで、全部自前! 自称、日本一幸せなハンコ屋です♪

プロフィール 8/7更新!
 

シャチハタ、印鑑、表札の通販サイト【シャチハタの一心堂印房】

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事一覧

全ての記事一覧を表示する

カテゴリ別に読む

最近の記事

過去の記事

ブログ内検索

最近のコメント

RSSフィード

ホワイティ♪ブログ

印鑑通販サイトの増改築日記 『心をこめて』
シャチハタ・印鑑・表札通販サイトのウェブマスター日記。マーケティングからプログラミングまで、ウェブサイト運営が大好きです。
スポンサーサイト

【--/--/-- --:--】 | カテゴリ: スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超!こだわりネーム印

【2008/02/02 10:35】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

昨日までは、
どちらかと言うと、

「いい話」でしたが、

今日は、面白い話をしたいと思います。


あ、面白いといっても、
爆笑してしまう話ではありません。


僕が作る「面白いネーム印」の話です。



「篆書体」を知っていますか?


というよりも、読めないですよね(笑)


「てんしょたい」と読みます。


身近なところでは、
紙幣に使われています。


この文字は、よく印鑑に使用されるのですが、
現在僕たちが使っている文字の「祖先」に当たる文字なんです。


そしてさらに、時間をさかのぼると、
「小篆」(しょうてん)という文字がありまして、

それは、あの始皇帝が全国を統一したときに、
公用の文字として採用した文字なんです。


僕は、この文字でネーム印を作ったんです。


2000年以上も前の文字で、
あなたのお名前を表現します!

という、ページを作ったんです。


非常に手間の掛かる商品ゆえ
お安く提供することが出来ないにも関わらず、
当店の人気商品になりました。


ただ、2000年以上前の文字ですので、
全く読めないほどに、変化してしまった文字もあれば、
現在とほぼ同じ形の文字もあります。


そのため、
印影デザインを気に入って頂けない
場面が出てきました。


作り直しにも応じていますので、

ご要望に応じて作り直していたのですが、
時代の異なる文字を組み合わせたりすることもあり、

これじゃ、始皇帝は読んでくれないよなー
と思ったりもしました。



あるとき、閃いたんです。



そうか!

価値が伝わっていなかったんだ。




このネーム印の価値は、

『始皇帝の時代の文字で、
 お客様のお名前を表現すること』


そこで僕は、
こんなキャッチコピーを付けました。


「あなたが読めるかどうかではなく、
 始皇帝が読めることを優先する大変危険なネーム印」



しかも、これを購入すると、
こんな特典があるんです。


会社で、隣の人から、
「そのネーム印、なんて書いてあるの?読めないよー」

と、言われたときに、
こんな風に切り返すことが出来ます。


「お前が読めるかどうかは問題ではない。
 始皇帝が読めるように作ってあるんだ。」





なんと作り直しの依頼は、皆無になってしまいました。

それどころか、注文が増えちゃいました♪

以前よりも、始皇帝の時代の文字を、
楽しんで頂けるようになったんです。



価値をしっかり伝えることで、
お客様がもっとハッピーになる。


とっても楽しいです♪


超!こだわりシャチハタネーム印


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

スポンサーサイト
花は観手に咲く

【2008/02/03 13:30】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

僕がホームページを作るときに、
いつも大切にしている「考え方」があります。


それは、

「花は観手(みて)に咲く」

ということ。


花は、「それを見る人の心の中で咲く」という意味です。


どんなに美しく花が咲いていても、
それを見る人が「美しい」と感じなければ、
それは美しく咲いたことにはならない。



例えば、ホームページで
「おいしいプリン」を販売するとします。

ホームページ上で、「おいしい!」ということを一生懸命に伝えます。
ところが、それを見た人の心の中で「おいしそうだな」と思ってもらえなければ、
それは何も伝えていないのと同じこと。


あなたの伝えたいことは、
相手の心の中で咲かない限り、
伝わったことにはならないのです。



いろんなホームページを見ていると、

「お客様に喜んでいただくことをモットーとして・・・」

というメッセージを良く見ますよね。


一体どれだけの人に、
「あ、この人は、お客さんに喜んでもらうことをモットーにしてるんだ」
と、伝わっているんでしょう?


伝わらないメッセージは、
何も書いていないのと同じこと。

場合によっては、そのスペースが無駄になって、
マイナスの要素になっているかも知れません。


僕は、ある出来事によって、
お客様に喜んでもらうことが、
自分がこの上なく幸せになる方法だと気付きました。


僕が本気でそう考えているということを伝えたい。
僕が本気でネット通販に取り組んでいることを伝えたい。



「花は観手に咲く」


伝えたいことを、そのまま100回書いたって、
それがそのまま伝わるわけではありません。



僕は、それを伝えるために、

僕がどんな人間なのか、
そして、どんなことを考え、どんな行動をとったのか、

を、伝えることにしました。



それを伝えることによって、

それを受け取った人の心の中で、

僕の伝えたいことが咲く。



そのありったけの思いを詰め込んだページが
このページです。

熱いご挨拶 : シャチハタ、印鑑、表札の一心堂印房


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

熱いご挨拶

【2008/02/05 13:33】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

昨日のエントリーで書いた
「熱いご挨拶」のページについてのお話です。

熱いご挨拶 : シャチハタ、印鑑、表札の一心堂印房



繰り返しになりますが、このページは、

僕がどんな人間なのかを伝えるために、
僕がどんなことを考え、どんな行動をとったのか


を、綴ったページです。



そして、このページが起点となり、
こんな嬉しい出来事を体験しました。



ある日、あるお客様からお電話を頂きました。


「始めまして。○○と申します。

 橋本さん(僕のことです)は、いらっしゃる?

 今、ホームページを見て電話してるんだけど、
 印鑑が欲しいの。

 海外に発送してくれないかしら?

 アメリカから電話してるんだけど。」



僕は、象牙以外の商品ならば発送可能であることを伝えると、
こんな質問が返ってきました。


「で、印鑑は、おいくらぐらいで購入できるの?」


驚いたことに、
どうやら印鑑を販売しているページを
まだ見ていらっしゃらないご様子なのです。


そして、それに続く言葉に、もっと驚きました。



「あなたから、買いたいと思って」




お互いに直接顔が見えない通販なのに、
「あなたから買いたい」と、
おっしゃっていただける。


しかも、まだ値段も見る前から。




僕の「思い」を伝えるために綴ったページを見て、
共感していただけるお客様がいる。



それは、本当に幸せな体験でした。



例え顔が見えなくたって、「心」は通じる。



それを再確認する出来事でした。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

お客様は、印鑑が欲しいのではない(こともある)

【2008/02/07 09:15】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

今日は、以前にエントリーした

父から娘に贈る印鑑のページに関連するお話です。


いわゆる「いい話」ではなくて、
どちらかと言うと、マーケティング寄りのお話です。



僕の管理するホームページでは、
印鑑を販売しています。


でも、ただ単に印鑑という『モノ』を売りたいとは考えていません。


いろいろなお客様がいらっしゃいますが、
「印鑑である必要がない」場合もあるからです。


例えば、こんな理由で印鑑を購入する
お客様もいらっしゃいます。


印鑑が欲しいのではない。
印鑑を贈ることで、「親から娘を思う気持ち」を伝えたい。
娘の喜ぶ顔が見たいのだ。




マーケティングの手法として、
「ターゲットを狭くすると良い」とよく言われます。

ところが、この言葉が僕にはイマイチしっくり来ないものですから、
こう言い換えてます。


「お客様ひとりひとりに思いをかけよう」


それぞれのお客様に思いをかけることで、
見えてくるコトがあります。


お客様が欲しかったのは、
印鑑という「モノ」ではなく、
気持ちを伝える「コト」であったのかも知れない。


その部分にスポットを当てることで、
お客様により幸せを感じてもらえる
何かが見えてくるのではないでしょうか。


ある特定のお客様ひとりを思い、

どんなことを伝えれば喜んでもらえるかな、
どんなことを心配してるかな、
どんなことに困っているかな、

そのために、僕らには何ができるのかな。


僕らの提供する商品やサービスの先にある「コト」にまで思いをはせる。


とっても大切なことだな、と思います。

See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

お客様ひとりひとりに思いをかける

【2008/02/08 15:22】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

昨日に引き続き、

父から娘に贈る印鑑のページに関連するお話です。



大切なのは、

 お客様ひとりひとりに思いをかけること。



父から娘に贈る印鑑のページは、
娘さんに印鑑を贈る父親を思って作りました。


その大切な瞬間に、

 僕らはどんなお手伝いが出来るのだろうか。



「とっても大切な瞬間だから、ステキな包装の方がいいよね♪」

「本当は花束なんかも一緒に贈ると、娘さんは喜ぶと思うんだけど、
 照れくさくて出来ないお父さんがきっと多いよね。」



そんなところから、僕の周りのスタッフが
こんなステキな包装を考えてくれました。

父から娘に贈る印鑑



「え? これ自分で考えたの?」

「うん」

「・・・・」


花束付きのオリジナル包装。

あまりの素晴らしさに、絶句してしまいました。



特に感心したのは、
花束が取り外せるようになっている点です。


普通、包装って、開けられたら捨てられてしまいますよね。
例えどんなにステキな包装でも。

でも、この花束は取り外せるんです。


もしも、受け取った娘さんが部屋に飾ってくれたとしたら、
お父さんはどんなに嬉しいでしょう。



もし

父親から娘に印鑑を贈る場面を想像しなかったら、

この包装は生まれていなかった。



やっぱり、

お客様ひとりひとりに思いをかけることって、
大切だよなー


そんなことを、改めて思いました。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

シャチハタですか? ご安心下さい

【2008/02/11 00:02】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

シャチハタネーム印やスタンプを注文したことがありますか?

特注品だと出来上がりまで10日~2週間かかるんですよね。


ところが、僕の勤める一心堂では、
シャチハタの特注品がわずか3日で出来上がります。

(※実際には、もっと早く発送していることが多いです)


普通のお店は、メーカーに作成を依頼するのですが、
当社ではシャチハタ純正の製造システムを導入しているので、
圧倒的なスピード納品が出来るのです。


ホームページでも、それが大きな売りになっており、
お陰様で、全国のお客様からたくさんのご注文を頂いています。


急ぎでシャチハタが必要なのに、
納期が間に合わなくて困っている、

そんなお客様からお電話を頂くことがあります。


「あのー、シャチハタを大至急作って欲しいんですが、
 いつごろ出来ますか?」


「承知いたしました。
 いつまでに、ご入用ですか?」


すると、そのお客様はこれまでに他店で断られた記憶がよみがえったのか、
少し間を置いてから、小さな声で話されました。

「○月○日までに欲しいのですが・・・」

僕は、落ち着いた声で、こう答えました。



  「ご安心下さい」



お客様は、緊張が切れた感じの声で、

「・・・、え? 本当ですか?
 あ、ありがとうございます!」




パソコンで作成したデジタルデータをお持込み頂いての作成でしたが、
無事に納品することが出来ました。



後日、お礼のお電話まで頂いて、

「橋本さんの、電話での対応がうれしかった。
 いろんなお店に尋ねましたが、10日から2週間掛かると返答が返って
 来るばかりで、希望の納期を伝えることさえ出来ませんでした。
 『いつまでにご入用ですか?』と尋ねてくれたのは、橋本さんだけでした。」



特に意識はしていなかったのですが、
お客様からすれば、うれしい一言になるのですね。



  ここだけの話ですが、そのお電話は、
  日本で最も有名なテーマパーク(!)からのものでした。

  そう、あの!夢と魔法の王国から、
  あのキャラクターのスタンプをご依頼いただいたのです♪

  ついでにもうひとつ自慢しちゃいますと、
  関西の映画のテーマパークのお仕事も頂いたことがあります♪



それからというもの、お急ぎのお客様には、

『いつまでにご入用ですか?』

と、尋ねるようにしています。


もちろん、間に合わせることが可能な場合には、



  「ご安心下さい」



お客様の喜ぶ様子を想像して、

    そうお答えしています。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ:ネットビジネス - ジャンル:ビジネス

ネームペンの価値とは?

【2008/02/12 00:10】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

ネームペン」という商品をご存知ですか?


「ネーム印」と「筆記用具」を合体させた商品です。


「捺印」が必要な場面では、
「書く」という行為が対になることが多いようです。

ならば、「ネーム印」と「ペン」を合体させてしまえと
生まれたアイデア商品です。



そのネームペンを販売するページは、次のように考えて作りました。


モノ作りに携わる人たちは、
商品を生み出す際に何か『思い』を込めるのではないだろうか?


使う人のことを思って、
より便利に、より使いやすく、末永く愛用してもらうために、
いろいろな工夫を重ねるのではないか。


そう思った僕は、シャチハタ株式会社に取材を申し込みました。


気軽に申し込んだものの、取材当日僕らを迎えてくれたのは、
とってもお偉い方々3名でした。
(思わずひるみそうになりました。)

まず、ネームペンが生まれた経緯をお話し頂き、
その後、あらかじめ用意した質問をいくつかしました。


他社のネーム印付き筆記具はプラスチック製なのに、
なぜシャチハタのネームペンは金属製なのか?

> 大切な人にプレゼントすることを想定しているからです。
> 高級な筆記具を目指しました。

ペンにネーム印を組み込む上で、苦労されたことは?

> ポケットに指すことを考慮してペン先を収納できるようにしたのですが、
> ネーム印があるので、ノック式に出来なかった。
> そこをどうクリアするかが問題でした。


いろいろなお話を聞くことが出来ました。


質問を続けているうちに、
僕はシャチハタというメーカーが好きになりました。

すごく真面目なんです。


でも、これだけでは、まだ十分に価値が伝わらないと思い、

さらに、ネームペンを使う場面を想像してみました。


金属ボディのネームペンは、表面の仕上げが非常に美しいです。
プラスチックボディでは絶対に得られない深い色艶をしています。

これって、使う人にとってどんな価値があるのだろう?


考えた末に思い至ったのが、
使う人がカッコ良く見えるということでした。


あなたが素敵に見えるという価値。


カタログの写真はイマイチなので、写真は自分達で撮り直しました。
(カタログの写真では、全然価値が伝わらない!)


カタログには書かれていない取材から得られた情報と、
「あなたが素敵に見える」という価値をギュッと凝縮させてページ作りをしました。


自分用に購入を考えている人に安心して選んでいただけるよう、
大切な人へのプレゼントとして安心して選んでいただけるよう、

それぞれの方がハッピーになることを願ってページ作りに取り組みました。

シャチハタ ネームペン


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

「いい話ポップ」で幸せ2倍!

【2008/03/06 01:31】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

今日は(日付が変わってしまったので、もう昨日ですね)

一心堂印房の各店舗(8店舗あります)から
スタッフが一人ずつ集まって、勉強会が行われました。


毎月1回行っているのですが、
よりよいお店作りや販売方法を研究する勉強会です。


コンサルタントの先生に入って頂いて、
お店作りについて学びます。


お店に出ることが無い僕が、
なぜその勉強会に出席しているかというと、

先生と店頭スタッフのあいだに入って、
先生のコトバをより自分たちの仕事に落とし込んだ表現に変える
「通訳」のような役割をするためです。


勉強会で学んだことは、
各店舗に持ち帰って、
形にします。


そして、
うまくいったことや、
喜ばれたことを、
次回の勉強会で報告して、
横展開するわけです。


今回は、
ポップの重要性についての話も出たのですが、
何を書いていいのか分からない様子でしたので、

僕から、こんなお願いをしてみました。


「印鑑の注文を頂いた際に、
 お客様との会話の中で、
 いい話だなー
 と感じたことを報告してください。

 お客様に喜ばれた話でなくてもいいので、
 いい話だなーと感じたことを報告してください。

 例えば、親から子へ印鑑を贈ることが
 よくあると思いますが、
 その思いが伝わるエピソードとか、
 コトバとか、
 ささいなことでもいいので、
 報告してみてください。」



商品の「強み」とか「メリット」などを
ポップに書こうとすると、
印鑑の場合、とっても書きにくいんです。


印鑑を購入するということは、
そのお客様本人、あるいはその方の大切な人が
人生の節目を迎えられている可能性が高いと思われます。


ポップに、
「いい話だなー」
と感じる一場面を書くことにより、

自分が、大切な子供や、大切な人に、
印鑑を贈る場面を想像してもらうんです。



ちいさな、

でも、心が少し温かくなるストーリーの最後に、


「印鑑は一生使ってもらえる品です」

「押す度に、あなたの顔が浮かびます」

と加えることで、


『印鑑を贈るというコト』が


価値に変わるかもしれません。



さらに、

店頭のスタッフにとって、
自分たちがそんな素敵な瞬間のお手伝いをしている
ということに気付けるわけで、

お客様にハッピーになっていただくのと同時に、

働く自分たちもハッピーになれてしまう、

なかなか面白いポップ作りの方法かも知れないなー


なんてことを思いました。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング


天使の印鑑

【2008/03/11 01:35】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

一心堂のホームページの印鑑コーナーには、

天使の印鑑 ←Click!

という商品がございます。


象牙の印鑑に、18金の天使の羽を付けた印鑑です。


写真を見ていただくと分かるのですが、
可愛いけれども品のある印鑑です。


店頭では、赤ちゃんが生まれたときのお祝いとして、
両親や祖父母の方がお求めになることが多いようです。



ホームページでは、おじいちゃん、おばあちゃんが
お孫さんにプレゼントすることを想定して製作してみました。


果たして、おじいちゃん、おばあちゃんが、
インターネット通販を利用するのか、

というツッコミには、とりあえず耳をかさずに(笑)、
進めさせていただきます。



ここでも例によって、

誰に、
何を伝えて、
どうしてもらいたいか、

を軸に考えます。


誰に、何をどう伝えたら、ハッピーになっていただけるか。


まず、「誰に」はおじいちゃん、おばあちゃんです。
多少値の張る商品ですので、初孫という設定にしてみました。


最後の「どうしてもらいたいか」は、「注文をしていただきたい」です。


肝心の、「何を伝えて」は、最初はこんな風に考えました。

お孫さんに喜んでもらいたいわけですから、
お孫さんが喜ぶ場面をイメージできるコピーを考えました。


「おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう!」

「印鑑を見るたびに、おじいちゃん、おばあちゃんのことを思い出します!」


まあ、なんともベタですが(笑)



でも、

よーく考えてみたら、

これじゃ、ダメなことに気付いたんです。



よりリアルに具体的に想像してみたんです。


「おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう!」

生まれたばかりの赤ちゃんはしゃべりませんので、いまいちピンと来ない。
かと言って、数年後にもそんなセリフを言われるとは思えない。


「印鑑を見るたびに、おじいちゃん、おばあちゃんのことを思い出します!」

これは、数十年後のことになりそうです。
というか、すでに亡くなっている感も・・・。


今、幸せになれないんですよね。



それに、

(ここが重要なんですが)

初孫が生まれて、おじいちゃん、おばあちゃんになるのは、
50~60代の方が多いのではないでしょうか?


身近な、50代、60代の方を想像していただくと分かるのですが、

おじいちゃん、おばあちゃんと呼ぶにはしっくりこない程お若いんです。

(お若いので、ネット通販で買い物をされる方もきっとたくさんいらしゃる♪)


「おじいちゃん、おばあちゃん」

と呼びかけられても、まさか自分が呼ばれているとは
感じないのではないでしょうか?


呼びかけている対象者が、自分のことだと感じられないとしたら、
それは誰にも反応してもらえないコピーになってしまいます。


というわけで、
再度、最初から考え直すことにしました。


「お孫さんに印鑑を贈ることの価値」


これについて、一生懸命に考えてみました。



そしたら、気付いたんです。


印鑑は、ずーっと使ってもらえる品だということに



印鑑は、お孫さんにずっと使ってもらえる品なのです。



これは、おじいちゃん、おばあちゃんにとって、
嬉しいことでなないでしょうか。



そして、

両親が20年後の子供に向けてメッセージを綴る
レターセットも付けることにしました。


「20年後の感動」もついたプレゼントに仕立ててみました。


天使の印鑑


このページは、

どうしたら、家族みんながハッピーになるかな、

と考えて作ったページです。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

シャチハタの高級ネーム印Vivo(ヴィーボ)の価値

【2008/03/13 23:14】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

年度末ということで、

というよりも、

新年度を控えて、
だんだんと忙しさが加速してまいりました。

感謝、感謝でございます <(_ _)>



さて今日は、

この時期、とっても売れているネーム印について
思うことをつらつらと綴ってみたいと思います。


シャチハタのネーム印といえば、
全国の印章店や文具店で販売されている
ネーム9が有名ですが、

その高級バージョンという位置付けの

ネーム9Vivo(ヴィーボ)

という商品があります。


なんと、金属製のネーム印です。


ズシリとした感触が、文具を超えた「何か」を感じさせてくれます(笑)

(僕は「超合金」世代♪)



このネーム印、何がスゴイかと言うと、

表面の仕上げのクオリティが異常に高いんです。


もう一度言います。


異常です(笑)



ボディの色は6色あるのですが、
ツヤ出し仕上げのものと、結晶仕上げのタイプがあります。


ツヤツヤのタイプを見れば、

「なぜネーム印に、そんなに深いツヤが必要なんだ!」

と、ツッコミたくなり、


結晶仕上げのタイプを見れば、

「なぜネーム印に、そんなに高級な輝きが必要なんだ!」

と、思わずにいられません。



でも、

全国には、

「こんなの大好き!!o(≧∇≦)o 」

という人達(僕も含めて)が沢山いるわけです。



だから、

そういう人達に、しっかりと伝えなくてはいけないんです。


この商品の価値を。

この過剰ともいえる、仕上げっぷりを。




でも、

メーカーから配布されるリーフレットや
カタログ、ウェブサイトを見ると、

なぜが全部つや消しに加工された写真になっているのです。

Vivo

→ メーカーのサイト


全然伝わらない・・・

倒れそうになりました。

買って欲しくないのでしょうか・・・



仕方がないので、僕は写真を全部自分で撮ることにしました。

少しでも、価値を伝えたいと思って。


Vivoの写真

→ 一心堂のネーム9Vivo(ヴィーボ)のページ - Click!
※ページ中央の「写真を見てうっとりする」を見てね♪



僕の仕事は、
商品の意味や価値をお客様に伝えて、
お客様に購入いただいて、ハッピーになっていただくこと。



「商品を売る」という作業は、
「商品とお客様の間に道を作る作業」と
同意なのかもしれないなーと思ったりします。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

ハンコ屋も驚くスタンプ台

【2008/04/14 21:55】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

「スタンプ台も一緒に買いたいんですけど」

そんな声を何度か頂きましたので、
ホームページでも取り扱いを始めました。


昨年、シャチハタ(メーカー名)の展示会に行った際に
展示されていたスタンプ台です。
シャチハタ スタンプ台

ピカピカの光沢仕上げです♪

プラスティッキーな感じが、微妙に安っぽさを感じさせますが、
慣れてしまえばそう気にならなくなりました。

逆に以前のスタンプ台が、なんとも味気ないものに見えてしまう・・・。



このスタンプ台ですが、

実は結構凄いんです。



展示会で始めて見たとき、

「モデルチェンジしました! とにかく捺(お)してください!」

と、担当者が何度も言うのですが、

「今更、スタンプ台のモデルチェンジもないだろう・・・」

そんな感じで大して期待せずに試し押ししてみたんですが、


「え?! すごい! めちゃくちゃ鮮明に捺せるジャン!」


まだ、こんなに改良の余地があったんだーとびっくり。


というわけで、その場でいろいろ尋問しました(笑)

「何を変えたの?」

「成分は変わっていません。」

「え?そうなの? でも、前よりも格段に濃く押せるよね」

「ナノテクで粒子の大きさを揃えました。
 それから、表布を変えました。
 びっくりするぐらい高いんですよ、この布は!
 もし洋服を作るとしたら、とんでもない値段になります。」




ハンコ屋の僕がびっくりするぐらいの商品なのに、
パッケージには遠慮がちに

「すばやく乾いて、水に流れない。」

というコピーのみ。

価値を伝えるのは、そのコピーのみ。


なんだか、もったいない。


しかも、

すごく進化をしたのに、値段は据え置き。



お店に並んでいても、
目の前のスタンプ台が、
まさかそれほどのモノだとは気付かないだろうなー。


というか、お店の人も知らないかも(笑)



ここは、僕がその価値を伝えなくては!(笑)


ということで、作ったページがこちらです。

シャチハタ スタンプ台 ←クリック


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

お陰様で、60年連続で増えてます。

【2008/04/28 20:44】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

一心堂は、船井総研の週間フナイFAXなるものを購読しています。

毎週土曜日になると、FAXで送られてくるのですが、
その中で船井会長が以下のようなことを語られていました。


 全国に約300万の会社があり、毎年約8万社ずつ増えている。
 この8万社のうち、事業を1年間継続できるのは約60%。
 10年間継続できる企業は約6%。
 30年間継続できる企業はわずか1%にも満たない。



もう、数年前の記事なのですが、
その記事に触れた際、

うわ~、厳しいんだな~

と本当にびっくりしました。


そして、その時に感じたもうひとつのことがあります。


一心堂は、50年以上続いている会社なのですが、
これは、驚くべきことなんだなということ。


さらにもうひとつ言えば、
その間一度も前年割れをせずに、成長し続けて来られたという事実は、
もはや奇跡に近いことだと思わずにいられませんでした。


そしてその連続増収記録は、現在も続いており、60年連続を達成しています。


自家製の味噌を誉めるようで、ちょっとあれなんですが、

このことは、これから会社を作る人から見れば魅力的なことではないか、
そんなことを思って作ったページがこちらです↓


 会社設立印鑑 実印・銀行印・角印


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング


会話のきっかけを作る名刺を作りました♪

【2008/05/11 14:04】 | カテゴリ: 価値の伝え方 |

昨日は、あるマーケティングセミナーに参加してきました。

こうしたセミナーに参加すると、名刺交換をたくさんしますよね。


家に帰ってから、頂いた名刺を見直してみると、

「あれ?この方、どんな人だっけ?」

という人のほうが意外に多かったりしませんか?



ということは、

相手の方から見れば、自分もその一人かも知れません。



土曜日を一日つぶして勉強に来ている意識の高い人たちと
知り合えるチャンスなのに、もったいないですよね。



ということで、

僕はこんな名刺を作って持っていきました。

↓クリックで拡大表示♪
自己紹介名刺


会話ハズムネタをいくつか仕込んでみました(笑)

名刺交換した方のほとんどが、
「泣き虫ウェブマスターって、どういう意味なんですか?」

と聞いてくれましたので、何の遠慮もなく、この話をすることができました。
→ 僕が泣いてしまった話


そして裏面には、以下のエピソードを記述しました。

→ 印鑑注文の際に、お客様が熱い思いを伝えてくださる話
→ アメリカから「あなたから買いたいの」と電話で注文を頂いた話
→ お客様よりも始皇帝を優先する、5000円以上するネーム印が売れる話


ちなみに、この名刺は、

↓この本を読んで作りました♪

仕事がどんどんやってくる 目立つ技術仕事がどんどんやってくる 目立つ技術
(2007/07/25)
中山 マコト

商品詳細を見る



See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。