プロフィール

ホワイティ橋本

橋本 隆
印鑑通販サイトの構築&運営をしています。写真撮影からプログラミングまで、全部自前! 自称、日本一幸せなハンコ屋です♪

プロフィール 8/7更新!
 

シャチハタ、印鑑、表札の通販サイト【シャチハタの一心堂印房】

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事一覧

全ての記事一覧を表示する

カテゴリ別に読む

最近の記事

過去の記事

ブログ内検索

最近のコメント

RSSフィード

ホワイティ♪ブログ

印鑑通販サイトの増改築日記 『心をこめて』
シャチハタ・印鑑・表札通販サイトのウェブマスター日記。マーケティングからプログラミングまで、ウェブサイト運営が大好きです。
スポンサーサイト

【--/--/-- --:--】 | カテゴリ: スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イマジネーション マーケティング 1

【2008/01/26 15:06】 | カテゴリ: 幸せに仕事する方法 |

今日は自己紹介も兼ねて、
僕の「考え方」について、お話します。

 (今日は、仕事はお休みなので自宅で更新♪)


僕には、一緒に勉強している仲間がいるのですが、
(心から本当に尊敬の出来る仲間たちです)

僕の仕事に対する取り組み方を、
こうネーミングしてもらったことがあります。

『イマジネーション マーケティング』


カンタンに言うと、
「お客様を想像するマーケティング」です。


「そんなこと、当たり前だよ」
と、あなたは言うかも知れませんが、
あなたが想像するものとは、少し違うかも知れません。


話は変わりますが、

僕は仕事の中で、
涙が出るほどの感動をさせてもらうことがあります。

(実は、今日もありました。
 メールを読み返すだけで、何度も泣きそうになります。
 本当に幸せです。)


「どうやったら、仕事で感動できますか?」
と、尋ねられることがあるのですが、

そのキーポイントになるのは、
『お客様を想像するコト』なんです。



仕事で幸せになるためには、
『想像の仕方』に、コツがあるんです。


僕はその『コツ』に気付いたんです。


そこが全ての始まりでした。


この話は、
長ーーーーーくなりますので、

今日はここまで(笑)


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

スポンサーサイト
イマジネーション マーケティング 2

【2008/01/27 21:00】 | カテゴリ: 幸せに仕事する方法 |

さて、

昨日の続きです。
(最初から読みたいという方は、こちらをクリックしてください。)


今日は、
僕がお客様のことを、一生懸命想像するきっかけとなる
エピソードについてお話したいと思います。


それは、今から数年前のことです。

あるお客様が、僕の運営するウェブサイトで、
表札を注文してくださいました。

デザインの確認をしたいということで、
何度も、画像を添付したメールをやりとりしました。

「枠線の太さを変えてみてください」
「あと2ミリ上に移動してください」

非常に細かな修正を何度も繰り返し、それは、1ヶ月以上も続きました。

「本当に買っていただけるのかな?」

と、少し不安になるほどでしたが、根気よく対応を続けました。

やがて、OKが出て、製作→納入となりました。


商品を発送して、1~2週間後のことだったと思います。


僕宛に、荷物が届きました。


差出人を確認すると、あの表札のお客様。
その荷物の大きさは、ちょうど表札の大きさです。


「返品か・・・」


落胆した気持ちを抑えつつ、梱包をほどきました。


すると、手紙が入っていました。


子供の文字で、

「かっこいいひょうさつありがとう」

元気よく大きな文字で書いてありました。


さらに、ご家族からのメッセージも綴ってあり、

何度も繰り返し修正をして申し訳なかったこと、
そのお陰で、とても気に入った表札を手に入れることが出来た喜び、

それらを伝えるものでした。


そして、表札だと思っていたのは、

「皆さんで召し上がって下さい」

と、お手紙に添えて下さったお菓子でした。

地元の銘菓とのことで、
ちょうど表札と同じぐらいの大きさだったのです。


想定外の出来事に驚いたのですが、

その後、ある取引先の会社に訪問する予定が入っていましたので、
気持ちの整理もつかないまま、車で出発しました。


僕は運転しながら、そのお客様のことを考えていました。


表札が届いて、家族みんなで箱を開けたのかな。

出来上がった表札を見て、みんなで喜んでくれたのかな。

あんまり嬉しいものだから、家族みんなで手紙を書いてくれたのかな。

でも、手紙だけじゃ寂しいので、お菓子も買いに行ってくれたのかな。


そんなことを、想像していたら、

突然、涙が溢れてきました。


運転中だというのに、前がほとんど見えないほどで、
慌てて路肩に車を寄せました。


困ったことに、なかなか涙が止まりません。


嬉しくて、嬉しくて、

これまでに膨大な時間をかけて取り組んだ
ホームページ作りの苦労が全部吹き飛んでしまいました。


「ああ、このために自分は頑張っていたんだ」

そう思えました。


顔の見えない通販には「心」が無い。

そう言われたこともありますが、
それは違いました。


ネットワークの向こう側にいるのは人間です。

例え顔が見えなくたって、「心」は通じます。


お互いが思いをはせれば心はつながる。


それを証明してくれる出来事でした。


これをキッカケとして、
僕はお客様のことを、一生懸命に想像するようになりました。


さらに明日へ続きます。

See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

イマジネーション マーケティング 3

【2008/01/28 21:00】 | カテゴリ: 幸せに仕事する方法 |

昨日は、
僕がお客様のことを、一生懸命想像するきっかけとなる
エピソードをお伝えしました。

(最初から読みたいという方は、こちらをクリックしてください。)


今日は、

僕が、日々の仕事の中で、
どのようにお客様のことを想像しているのか


について、お話したいと思います。


僕は一心堂印房という、
ハンコ屋に勤めているのですが、

印鑑やシャチハタ、印刷物など、

ひとつひとつの商品に対して、
たくさん想像してみたんです。


例えば、
シャチハタのネーム印の場合はこんな感じです。

 お客様が自宅を出ます。
  ↓
 一心堂に来店されます。
  ↓
 シャチハタを注文します。
  ↓
 数日待ちます。(どんな仕上がりになるか期待と不安)
  ↓
 受け取りに再来店します。
  ↓
 店頭スタッフが、商品を提示します。
 数日前まで、この世に存在しなかったネーム印が目の前に置かれます。
  ↓
 期待と不安の中、ネーム印のキャップを外します。
  ↓
 自分の名前が、立体的に刻まれています。(うれしい♪)
  ↓
 試し押しします。
 「お、きれいに押せるじゃん♪」(うれしい♪)
  ↓
 自宅に帰る。
  ↓
 意味もなく、そこらじゃうに押しまくる。
 うれしいので♪


そんなことを想像していたら、
とっても幸せな気持ちになったんです。


自分達の仕事って、

 「素晴らしいな。」

  「楽しいな。」

   「幸せだな♪」


まず、
お客様のことを想像してみる。


それは、特別なことではなく、
毎日当たり前にしている仕事の一場面で構わない。


一人一人のお客様を
じっくり想像してみるんです。


自宅を出る瞬間から詳細に。
その人の感情の動きまでをも想像してみるんです。


すると、

自分たちが提供する商品やサービスが
お客様を幸せにしている様子が見えてきます。


お客様に喜ばれることが、
とっても幸せなことだということに気付きます。


どうしたら、もっと喜んでもらえるだろうか?

そういうことを考え始めます。


もっと、もっとお客様のことを
想像するようになります。


そこから、たくさんの気付きが得られます。


やがて、

『お客様も自分たちも、みんな幸せ♪』

そんなサービスが生まれるのではないでしょうか。



明日は、
「お客様のことを想像する」ことによって得られた、
「もうひとつのこと」をお伝えしたいと思います。

See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

イマジネーション マーケティング 4

【2008/01/29 12:10】 | カテゴリ: 幸せに仕事する方法 |

昨日の予告どおり、
「お客様のことを想像する」ことによって得られた、
「もうひとつのこと」をお伝えしたいと思います。

(最初から読んでいただける心優しいあなたは、こちらをクリック)


ある日、
100円の認印を買ってくれたお客様のことを
想像してみたんです。


あのお客様は、
たまたま買い物に外出して、
たまたま一心堂を発見して
認印を買ってくれたのかもしれない。

ツイてるなあー。


もし、
先に○○文具店さんが目に入っていたら、
そちらで買っていたかもしれない。

ツイてるなあー。


あるいは、
最初から一心堂で買おうと決めておられたのかも知れない。

もっと、ツイてるなあー。


というように、
「ツイてる」というコトバを
セットにして想像していたら、

「感謝の気持ち」が湧いてきたんです。


例え100円の認印であっても、
なんてありがたいんだろうと。


「感謝」は無理にするものではなく、
「自然に湧いてくるもの」だったんですね。



「お客様のことを想像する」ことによって
『感謝の気持ち』が沸いてくる。


不思議なことに、その気持ちは、
仕事に取り組む上で、大きな原動力にもなってしまったんです。





僕が大切に思っていることを、4日間に渡って綴ってみました。

(真面目に書いたので疲れました 笑)


お客様を詳細に想像します。
想像することで、お客様が喜んでくれる姿が見えてきます。
自分たちの提供する商品やサービスの価値に気付きます。
そして、自分までハッピーになってしまいます。

想像しながら、「ツイてる」ことを探します。
すると、「感謝」が沸いてきます。
もっと喜ばれるよう頑張ろう!と思ってしまいます。


こうした考え方は、
直接姿の見えないネット通販を行う上で、
非常に大きな意味を持ちます。


この商品は、誰をどのように幸せにするのだろう。

どう伝えれば、もっとハッピーを感じてもらえるんだろう。


見えないお客様のことを、
一生懸命に想像しながら、

日々ホームページを作り直したり、
接客に当たっています。


すっかり長文になってしまいましたが、
最後まで読んでくれてありがとう!


うまく伝えられているか心配ですが、
少しでも伝わったら嬉しいです♪

See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

イメジマ 5

【2008/01/30 12:03】 | カテゴリ: 幸せに仕事する方法 |

昨日まで、
僕の考え方の軸となる部分を
お話しさせていただいたのですが、

なかなか伝えることが難しい話題でした。


どう伝えたら、伝わるのか

と、さんざん考えた末に文章を綴りましたので、
少々燃え尽き気味の橋本です(笑)


この4日間、

『イマジネーション マーケティング』
などと、偉そうなタイトルを付けておいて、

「全然、マーケティングの話題が出てこないジャン」
というブーイングが聞こえてくるようです(笑)


(最初から読みたいという、心やさしいあなたはこちらをクリック)



ということで、

今日はそのあたりに触れたいと思います。


そうそう、

『イマジネーション マーケティング』

は、表記が長いので、
今日のタイトルは、

『イメジマ:』と、略しました。

意味わかんないですね(笑)


ちなみに、『イマジマ』ではなく『イメジマ』としたのは、
「イメージ」という単語を連想しやすいからです。
(まあ、どっちでもいいのですが)


えー、そうですね・・・。


何から行きましょうか。


印鑑屋ですから、
印鑑のページの説明をしましょうか。



では、始めますね。

コホン。



印鑑を販売するにあたって、
まず最初にするべきことは、

「誰に」、「何を伝えて」、「どうしてもらいたいか」

を明確にすることです。


印鑑に当てはめれば、


「どんなお客様に、
  どんなことを伝えて、
   印鑑を購入していただく」のか。



例によって、
お客様のことを想像します。

もちろん、自分がお客さんになったつもりで
想像しても構いません。


・自分の印鑑を作るとき
・大切な子供に贈るとき
・大切な家族に贈るとき
・大切な友人に贈るとき
・友人の子供に贈るとき
・etc.

いろいろな場面を想像してみます。


どんな印鑑が欲しいんだろう?
どんな風に彫ってもらいたいんだろう?


いろんな場面を想像していると、
ある答えが見えてきました。


僕は、

「心をこめて彫って欲しい」

そう思いました。


人によっては、違う答えが見つかるかも知れません。
人それぞれ、大切に思うことが違いますから。


僕の場合は、『心をこめて彫って欲しい』 でした。


では、
『心をこめる』とは
一体どういうことなのでしょう?


どうすれば、心はこもるのでしょうか?


僕は、再度考え始めました。


何日も何日も考えました。



すると、こんなことに気付きました。


キーワードは、『料理』でした。


相手の喜ぶ姿を思いながら料理をすると、
心はこもるのではないか。


逆に、
誰が食べるのか分からない場合には、
心を込めることは難しいのではないか。



そんなことを思ったのです。



そして、気付いたんです。




『印鑑』も同じだと。




僕は、ホームページを作り変えることにしました。


『心を込めて印鑑を彫って欲しい』

そんなお客様のためのホームページに変更したのです。


印鑑の販売ページ


そして、このページから、いくつかの奇跡が生まれます。

話は明日へと続きます。

See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

イメジマ 6

【2008/01/31 11:56】 | カテゴリ: 幸せに仕事する方法 |

昨日の
印鑑の販売ページ」のお話の続きです。

この話題を書き始めてから、
すでに6日も経ってしまいました。

こうした長いブログは「嫌われる」と聞いたことがあります。

にも関わらず、今日も読んでくれてありがとう!
心優しいあなたに感謝です(涙)


あなたのために、今日も続けます♪


僕の作ったホームページには、
印鑑の注文フォームに

「どなたが、どんな大切な日を迎えるのか」
を、記入する欄を設けました。


ホームページを、このような形に作り直す際、
印鑑を作成する職人たちにも相談をしました。


僕が「本当に心をこめて彫った印鑑」を
提供したいと考えていること。

「心をこめる」ためには、お客様の姿を想像することが
大切だと考えていること。

そのために、
「どなたが、どんな大切な日を迎えるのか」
を、お客様に記入してもらおうとしていること等を
伝えました。


すると、こんな答えが返って来ました。

「もちろん、今までも心を込めて彫っていたつもりだけど、
 確かにそうだね。それはとても大切なことだよね」


それまでは、彫刻ミスを避けるために、
「原稿には必要事項以外は極力書かない」
という、ルールがありました。


それが今では、
お客様の熱いメッセージが綴られるものになりました。


プリントするとA4半分ぐらい埋まるほどのメッセージとともに、
印鑑を注文してくださるお客様も珍しくありません。

それは、職人にとっても、
取り組み甲斐のある仕事になります。



お客様は、私たちの考え方に共感していただき
注文してくださいます。

私どもは、受付→彫刻→検品→梱包&発送という流れの中、
各担当者がそれぞれに、お客様に「思い」をはせます。


例えば、受付のメールを送信する際、

お客様が「思い」を伝えてくださったのですから、
定型文のメールを返信することなど出来ません。


お客様からのメッセージをよく読んで、
一生懸命にお客様のことを想像します。

受付担当者(僕も対応してます)は、
自分の言葉で思いを綴り、受付メールを返信します。


商品の引渡し後に、
お礼のメールやお電話をいただきますと、
本当に感動します。


お客様と私どもは、
直接顔を合わせることはありませんが、

お互いに思いをはせることによって、
心と心を通わせることが出来ます


それは、お互いにとって幸せなこと


そんな風に感じています。


いよいよ、止まらなくなってきました(笑)

さらに、明日へと続きます。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

イメジマ 7

【2008/02/01 10:50】 | カテゴリ: 幸せに仕事する方法 |

ブログなんて書けるかな?

と、心配していましたが、
なんとかなるもんですね(笑)


いろいろ書きたいことが出てきて、
タイトルどおりの記事が始まるのは、
まだまだ先のようです。

ちなみに、このブログのタイトルはこれ↓です。(半分、忘れてました・・・)

印鑑通販サイトの増改築日記 『心をこめて』


さて、昨日の続きです。

(最初から読むぞ!と気合十分なあなたは、ここをクリック



ある日、

お客様から、こんなお電話を頂きました。


「あのー、
 この度、娘が結婚するんです。

 父親としては、嬉しい反面、
 苗字が変わってしまうので寂しい気持ちもあるんです。

 何か形に残るものを持たせてやりたいんですが、

 娘が生まれたときに、
 思いをこめて付けた名前なので、

 名前を彫った印鑑を持たせてやろうと思うんです。

 こんな気持ち、
 一心堂さんなら分かってくれるかな、 と思って・・・」



本当に嬉しいお電話でした。



『心を込めて印鑑を彫って欲しい』

そんなお客様のためにホームページを作りました。



すると、

その「思い」「共感」して頂ける
お客様に出会うことができます。



初めて出合って、

ましてや顔も見えない状態なのに、


それはまるで、


「相思相愛の関係」



先程の、
お電話を頂いたお客様の話ですが、

お父様のお気持ちを、是非娘さんにもお伝えしたいと思い、
こっそりお手紙を入れさせて頂きました。


頼まれてもいないのに、
凝りに凝った包装を施しました。

お父さんが、包装を開けることの無いように(笑)。


それから先は、
そのお客様の大切な思い出ですので、
このブログで詳しくお伝えすることは致しませんが、


後日、お礼のお電話を頂き、
逆に、私たちがたくさんの感動!を頂いてしまいました。



そのエピソードがキッカケとなって
生まれたページがこちらです。

父から娘へ贈る印鑑



「こんな印鑑を買う人は少ないよー!」
「ターゲット、絞りすぎー!」
と否定的に考える方もいらっしゃるかも知れません。


でも、

例え買わなくても、
こういうことを大切に思ってくださる方は、
たくさんいらっしゃいます。




私たちが「大切に思うこと」と、
お客様が「大切に思うこと」

ピタリと一致したとき、

そこに「相思相愛の関係」が生まれるのではないでしょうか。


すっかり長くなりましたが、

ここで、このテーマは区切りとしたいと思います。


まさか自分でも、
ここまで長くなるとは思っていませんでした(笑)


長文にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
感謝いたします。




これが、仲間が名づけてくれた

「イマジネーション マーケティング」です。


特別なことは何もありません。


大切なのは、

お客様のことを一生懸命に想像することです。
感情までをも、想像することです。


仕事で感動するための秘訣、


それは、


ただひたすら、お客様に思いをはせることです。



See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

隣のお店ばかり見ていると・・・

【2008/02/13 01:07】 | カテゴリ: 幸せに仕事する方法 |

このブログの第1回目に、
こんなことを書きました。


>
> 日々、ホームページの手入れをしているわけですが、
>
> 「どこをどう改良したのか」
> 「なぜ、そうしたのか」
> 「その結果、どうなるのか」
>
> ということを記録していこうと思っています。
>
>
> 「そんなことしたら、ライバルに真似されちゃうよー」
>
> と、心配してくれる人もいますが、
>
>
> 実は、大丈夫。
>


今日は、そのことについて、お話したいと思います。



例えば、Yahoo!等の検索エンジンで、
「シャチハタ」と検索すると、たくさんのサイトが表示されます。


その中のいくつかを見て回ると、
あることに気付かれると思います。


あるサイトを見本として、
それを模倣したかのようなサイトがいくつも見つかるんです。


そして、
ちょっと言葉がアレですが(笑)、

どれが本物で、どれが偽物かは一目瞭然。


気持ちは分からなくも無いのですが、少し悲しい気持ちになります。


僕の管理する一心堂印房のサイトは、
デザインを真似されてはいませんが、
(真似する価値が無いともいえますが・・・)

サイト内のいくつかの文章が、
そのまま、あるいは少し表現を変えてはあるものの、
盗用したとしか思えない状態で使われていたりします。



でも、

僕はあまり気にしていません。


なぜなら、こんな風に考えているからです。



ネット通販サイトを運営しているのですから、
まずホームページからご注文を頂かなくては始まりません。


だから、つい他のサイトを真似たくなる気持ちはわかります。



でも、

外から見えるのはここまで。


海に浮かぶ氷山に例えれば、
ウェブサイトは海上に見えている一角と言えます。

ご注文を頂いてから、お客様に商品を提供するまでには、
多くの作業が発生します。

・ご注文の受付メールを送信する。
・打ち合わせが必要であれば、その対応をする。
・商品の手配をする。
・発送予定日を案内する。
・用意できた商品の検品をする。
・伝票類を発行する。
・梱包する。
・発送する。
・発送の案内メールを送信する。

カンタンに挙げても、最低これだけの作業は必要です。
氷山に例えれば、まさに海面から下の大きな部分といえます。


それら各作業の精度の違いは、「サービスの質の差」として、
確実にお客様に伝わります。


そして、その差を生むのは、
お客様に喜んでもらいたいと思う気持ちの差です。

お客様から見えないところで、どれだけお客様のことを思いやれるか。


この差が、「サービスの質」の違いにつながっていくのではないでしょうか。



新規の顧客を開拓するのは、とてもお金がかかります。
これからの商売は、いかにファンになって頂くかが重要だと言われています。
これについては、いまさら僕が説明する必要もないでしょう。


いつも隣の店ばかり見て商売をしているお店。

いつもお客様のことを思って商売をしているお店。



お客様は、どちらのお店のファンになるのでしょう?


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

隣のお店ばかり見ていると・・・2

【2008/02/14 00:15】 | カテゴリ: 幸せに仕事する方法 |

昨日のエントリーで書き切れなかったことをひとつ。


しかも、それはとても大切なことです。


昨日は、

お客様から見えないところで、
どれだけお客様のことを思いやれるかが重要で、

それは、「サービスの質の差」として、
確実にお客様に伝わる。


お客様にファンになって頂くためには、
それがとても重要であるということを書きました。


実はそこには、もうひとつ重要なことが隠れています。


お客様に喜んで頂く為にはどうしたら良いかを考えて
いろいろなことを実行します。

それがお客様に伝わることもあれば、伝わらないこともあります。

細かな気遣いであればあるほど、
それはまるで当たり前のように見えるものですから
気付いてはもらえないことが多いようです。


でも、時々いらっしゃるんです。

そうした細かな点に気付いて、
言葉として伝えて下さるお客様が。


決して多くはありませんが、
それは正に、

「心のキャッチボール」。


本当に嬉しいものです。



お客様から「感謝の言葉」や「喜びのメッセージ」を頂いた際に
感じる喜びの大きさは、

お客様のことを思えば思うほど、大きくなっていくようです。



隠れていたもうひとつのコトとは、


「仕事の中で幸せを感じることができる」ということ。


とても大切なことです。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

印鑑屋にリピートのお客さん?

【2008/02/15 22:35】 | カテゴリ: 幸せに仕事する方法 |

一昨日、こんなことを書きました。


>
> 新規の顧客を開拓するのは、とてもお金がかかります。
> これからの商売は、いかにファンになって頂くかが重要だと言われています。
> これについては、いまさら僕が説明する必要もないでしょう。
>


印鑑屋の僕がこんなことを言うと、
モニタに向かってこんなツッコミを入れている方が
いらっしゃるかも知れません。


毎週とか、毎月とか、
繰り返し利用するお店ならともかく、

一生のうちにそう何度も利用しない印鑑屋に
その考え方はマッチしないんじゃないの?





ということで、


検証してみました。




我がホームページにおける
印鑑(実印、銀行印、認印)の販売実績を
整理してみました。


生々しい注文件数は伏せたいと思いますが、

今年、印鑑をご注文いただいたお客様のうち、
すでに利用実績のあるお客様の割合は、



58.6%



なんと、半数以上のお客様が、
リピートのお客様でした。


なんとありがたいことでしょう!

感激してしまいました。
ちょっと、泣きそうなぐらいうれしいです。




>
> 新規の顧客を開拓するのは、とてもお金がかかります。
>


ちなみに、yahoo!で「印鑑」と検索したときに、
ページの上と右に表示される広告(スポンサーサイト)。

あれは主に入札によって、表示される順位が決まります。

誰かが、その広告をクリックすると、
入札した金額に応じて費用が発生する仕組みになっています。



実は、「印鑑」に関連するキーワードは激戦区です。

もはや正気の沙汰ではありません。



1クリック、数百円。


つまり、10クリックで数千円!


おそらく、印鑑を販売して得られた利益の大部分が
広告会社に吸い上げられているのは間違いないかと。

いや、何か間違っています(笑)



そういう状況の中、
リピート利用で印鑑をご注文いただけるということは、

本当に感謝すべきことです。



当店を利用していただいたお客様を
とにかく大切にしよう!



そんなことを、強く思う今日であります。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

『感謝しています』

【2008/02/26 13:31】 | カテゴリ: 幸せに仕事する方法 |

一心堂のホームページには、

ドキドキ通信簿というページがあります。


カンタンに言えば、
ご利用いただいたお客様から頂く通信簿のページです。


お客様から見て、
私たちに足りないものを教えていただこうと思い、
勇気を振り絞って企画しました。


このページでは、
お客様が記入した評価が即座に反映され、
公開されます。


良い評価も、悪い評価も、そのまま公開されます。


もちろん、私たちが内容を修正することもありません。

(そんなことをしたら、評価を下した人がすぐに気付きますもんね)


つまり、

ドキドキ通信簿を見てドキドキするのは、


僕です(笑)




お陰さまで、いろいろな気付きを頂き、
たくさんの改善につながりました。

また、お客様に喜んで頂こうという、
強い動機付けにもなりました。

そして現在では、ミスの発生は
1000件中1件未満のレベルにまでになりました。


一定のレベルにまで達したということで、
もうそろそろやめようか、と思ったことがあります。

中には、「そんな!理不尽な!」という評価もかなりありましたし。
(例えば、○○○運輸が嫌いだから、「とても悪い」です!とか・・・)



でも、

続けることにしました。



ドキドキ通信簿を見ていて、

とてもやめられないな、と思ったんです。


皆さんは普段、「感謝」という言葉をどれだけ使っていますか?

「思っている」だけでなく、「伝える」ことをしていますか?



このドキドキ通信簿には、

「感謝」という言葉があふれていたんです。



お客様が、わざわざこのページにアクセスしてくれて、
私たちに伝えてくれているのです。


 ありがたくて、

  嬉しくて、

   とても幸せな気持ちになりました。



そして、

「お気付きの点がありましたらお知らせください」

という、お願いもやめました。


よくよく考えてみれば、
お客様にとって、それは苦痛を伴う作業に違いありません。


それよりも、
喜びのコトバを伝える方が、幸せな作業ではないだろうか。


そう思って、現在はこんな感じのメッセージに変えました。



 お客様からの熱いメッセージは、私たちの元気の元になります!

 お喜びの言葉(^o^)丿、改善して欲しいこと等、なんでも結構です。
 ご感想なども一言お聞かせいただければ幸いでございます。





また、ドキドキ通信簿に頂いたメッセージは、
プリントアウトして、製造に関わるスタッフにも回覧しています。


普段、お客様に接する機会がない製造部門ですが、
自分たちの仕事が、多くのお客様の喜びにつながっていることを
知って欲しいと思ったからです。



直接顔の見えない通信販売ですが、

ドキドキ通信簿は、

私たちとお客様の心を結ぶ大切な掛け橋だと思っています。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

涙、出ますね。。。

【2008/05/12 20:11】 | カテゴリ: 幸せに仕事する方法 |

今日は、とても嬉しいことがありました。


以前のエントリーでも書いたことがあるのですが、

一心堂のホームページでは、
ご利用いただいたお客様に通信簿を付けて頂いています。


5段階評価と、カンタンなコメントを記入することが出来るようになっています。


今日は、とても嬉しいコメントを頂きましたので、ご紹介させていただきますね。

 ★ ☆ ★ ★

 これまで数回お願いしてます。いつもありがとう御座います。
 レスポンスが良いとおもいます。
 他社の味気ないメールでの応答よりも
 ホームページをうまく使った心の通った会話ができます!
 温かさを感じます。
 業務中に心が和みます。


 ★ ☆ ★ ★


私ではなく、別のスタッフが対応させていただいたのですが、

なんだか、嬉しくて、、、



 涙、出ますね。。。



代金を頂戴した上に、

さらに感動まで頂いてしまって、なんとありがたいことでしょう。



改めて、いろろなお客様から頂いたコメントを読み返してみますと、
見えてくることがあります。

 ★ ☆ ★ ★

 思いのほか早く届き、助かりました。実は明日から新しい仕事のスタートです。
 初日は間に合わないだろうから自宅にある印鑑で間に合わせようと思っていましたが、
 良いスタートがきれそうです。


 ★ ☆ ★ ★

 今日もまた誕生日プレゼントとして
 注文しちゃいました。


 ★ ☆ ★ ★

 すごくきれいな仕上がりで、予想より速く届いてとても良かったです。
 プレゼントにしたのですがとても喜ばれました。


 ★ ☆ ★ ★

 芸術的で、すんごく良かったです.
 持っててうれしくなる、捺印が楽しくなります.


 ★ ☆ ★ ★


私たちは、ただ印鑑やシャチハタを売っているのではないのですね。


その先には、その数だけストーリーがあって、

そのお手伝いをしているんですよね。



今日、頂いたコメントによって、
そんなことを、改めて実感させていただきました。


コメントを下さったPacific様、ありがとうございました。

感謝いたします。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング

包装に込めた思い

【2008/05/19 12:23】 | カテゴリ: 幸せに仕事する方法 |

自家製の味噌を誉めるような話で恐縮ですが、

当店のホームページで、
贈り物としてご注文いただいたお客様から、

「とっても綺麗な包装で嬉しかったです♪」

というコメントを頂くことがあります。



結構手間をかけた、オリジナルの包装なのですが、

↓こんな包装や

ネームペン包装

ネームペン


↓こんな包装をしています。

ネームペンパーカー包装

ネームペンパーカー


先日、この包装を考えてくれたスタッフと話をしていたら、
この包装には、こんな秘密が隠されていました。


「大切な贈り物だから、
 包装をほどくときに、裏返さなくても済むようにしたかったんだ。」


一般的には、
「キャラメル包み」や「回転包み(斜め包み)」で包装することが多いと思います。

これらの包装方法の場合、
商品を裏返さなくては、包むことも開けることもできません。


大切な人に贈られる大切な品だから、
裏返さずそのまま上から開封できるようにしたい。

尚且つ、受け取った方が喜んでもらえるような素敵な包装にしたい。


そんな思いを込めて、試行錯誤の上に生み出した包装なのです。


See You - (゜-^*)/~


いつも読んでくれてありがとう!感謝しています♪

フムフム共感できるぞ、というあなた。
↓共感のクリックを、どうかひとつ

人気ブログランキング FC2ブログランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。